伝え方が9割/佐々木圭一【感想】文章が苦手なライターのおすすめ本!

catch ブログ

私は文章を書くことが苦手です。

なので、著者が「文章を書くことが苦手だった」ということに共感し、彼の本を読んでみました。

 

著者は、上智大学非常勤講師で、元博報堂コピーライターの佐々木圭一さん。

2013年に出版されたこの『伝え方が9割』は、3年連続ビジネス書年間ベスト10入りします(トーハン調べ)。

 

文章のコツは、やさしく、わかりやすく書かれていて、気楽に読めます

 

文字でのコミュニケーションに、役立つコツが満載です。

LINEやTwitterなどのSNSを利用する人に、ぜひ読んでもらいたい本です。

 

本書の、

  • お願い事があり、相手に「イエス」と言ってもらうコツ
  • 文章で相手を感動させるコツ

は、ぜひ押さえたい内容です。

 

また、ライティングを仕事にする人は、

  • 長い文章を、飽きずに最後まで読んでもらうコツ

が、参考になるかと思います。

 

それぞれについて、簡単にまとめてみたので、気になるところから読んでみてください。

お願いするとき相手に「イエス」と言わせる3つのステップと7つの切り口

Please

お願いするときに、返事を「ノー」から「イエス」に変えるコツを、

  • 3つのステップ
  • 7つの切り口

で、説明されています。

それぞれ、説明していきたいと思います。

「イエス」に変える3つのステップ

お願いに対して、相手の返事を「イエス」に変える、3つのステップとは、

  1. 頭の中をそのままコトバにしない
  2. 相手の頭の中を想像する
  3. 相手のメリットと一致するお願いをつくる

書籍より引用

 

お願いをストレートに口にしても、なかなか叶えてもらえません。

 

みんな、自分のメリットにならないことはやりたくないですよね。

だから相手に「それいいね」と思わせることが大切。

そのコツが3つのステップです。

 

この3つのステップで言葉を考えると、相手に「イエス」と言ってもらいやすくなります

 

でも、「3.相手のメリットと一致するお願い」って難しいと感じませんか。

そこで「7つの切り口」を使います

「イエス」に変える「7つの切り口」

お願いに対して、相手の答えを「イエス」に変える7つの切り口とは、

  1. 相手の好きなこと
  2. 嫌いなこと回避
  3. 選択の自由
  4. 認められたい欲
  5. あなた限定
  6. チームワーク化
  7. 感謝

書籍より引用

 

7つの切り口から、「相手のメリットになるお願いの伝え方」を考えてみます。

お願いは、気持ちを押しつけがち。

しかし、お願いをしたいのであれば、相手のことを考えましょう。

そうして発した言葉は、相手への愛情が入り、相手を動かします。

 

お願いのコツは、相手への愛情を意識して、お願いを伝えるということ。

 

ちなみに、7つ目の「感謝」は「ありがとう」と言うだけなので、わたしはすぐに使うことにしました。

これ、相手にも気持ちよく思ってもらえそうですし、とても入りやすいですよね。

文章で相手を感動させる「強いコトバ」をつくる5つの技術

muscle

相手を感動させ、行動させるには「強いコトバ」が必要です

その「強いコトバ」をつくる5つの技術とは、

  1. サプライズ法
  2. ギャップ法
  3. 赤裸裸法
  4. リピート法
  5. クライマックス法

書籍より引用

 

強い言葉とは心を動かすエネルギーのあるコトバ」と、佐々木さんは定義づけています。

 

伝えたい言葉が、この技術でさらに力を持ち、強くなって相手に届きます。

つまり、印象に残りやすくなり、心を動かす言葉となるのです。

 

なかでも、繰り返すだけで確実に強くなるのリピート法は、簡単でおすすめです。

 

友達とのLINEで「うまいうまい!」など、2回繰り返すだけで、簡単においしさと喜びを表せました。

長い文章を読んでもらうために、10分で「強い長文」をつくる技術

writing

ライティングの仕事をしている人に、とても参考になる項目です。

10分、つまり短時間で「強い長文」をつくる技術とは

  • 先を読みたくなる「出だし」をつくる
  • 読後感をよくする「フィニッシュ」をつくる
  • 飛ばされない「タイトル」をつくる

書籍より引用

 

みんな「長文なんて読みたくない。必要な情報だけ欲しい」と思っています。

 

なので、最後まで読んでもらう文章を作るのは、ライターとしてとても難しい。

出だしの1文は、取りあえず読んでもらえるので、ここに強いコトバ」をつくる技術を使います

そうして、「文章を読んでみよう」と行動してもらうのです。

 

同じく、最後にも「強いコトバ」をつくる技術を使い、読後感を良くします。

 

最初の1文ですら、読んでもらえるかどうかを決めるのがタイトル

タイトルは、出だしの重要ワードに「強いコトバ」のサプライズワードを組み合わせて作ります。

 

ただし、「強いコトバ」は入れすぎるとパワーが無くなってしまうので、ご注意を。

文章の書き方のコツ本『伝え方が9割』について

book

『伝え方が9割』は、2013年に出版され、3年連続ビジネス書年間ベスト10入りします(トーハン調べ)。

 

その著者について、もう少し詳しくご紹介します。

【著者佐々木圭一さんについて】

  • 1972年生まれ
  • 1997年上智大学大学院を卒業後、博報堂(大手広告代理店・業界2位)に入社。コピーライターとして配属。
  • 広告制作では、2014年カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル ゴールド賞受賞など、国内外に多数の入選入賞歴有り。
  • 郷ひろみやChemistryなどの作詞家として、アルバム・オリコン1位を2度獲得
  • 2014年株式会社ウゴカスを設立
  • メディアに多数の出演歴

現在は、コピーライター・作詞家・上智大学非常勤講師として活躍中。

そもそも、コピーライターになりたかったのではなく、たまたま配属されてしまったそうです。

入社当時の彼は、全く文章が書けず、何とかしなければということから、うまい文章にはルールがあること発見しました。

その発見した「うまい文章のルール」をまとめたのが本書です。

 

詳しい経歴・受賞歴については、下記(株)ウゴカスの公式サイトへ

ウゴカスのサイト

まとめ:文字でコミュニケーションする人へのコツが満載

著者の「文章を書くことが苦手だった」ということに共感し、読んでみました。

すると、「なるほど」と思うことがたくさんあり、気楽に取り入れられそうなコツが満載でした。

しかも、本書はやさしく、わかりやすく書かれていて、気楽に読めます

 

お願いごとを相手に「イエス」と言わせるには、

  • 「イエス」に変わる3つのステップ
  • 「イエス」に変える7つの切り口

で、伝える言葉を考えます。

 

文章で相手を感動させ、さらに行動させるには、

  • サプライズ法
  • ギャップ法
  • 赤裸裸法
  • リピート法
  • クライマックス法

の5つで「強いコトバ」を作ります。

 

長い文章を飽きずに最後まで読んでもらうには、

  • 先を読みたくなる「出だし」をつくる
  • 読後感をよくする「フィニッシュ」をつくる
  • 飛ばされない「タイトル」をつくる

です。

 

著者は、コピーライターの佐々木圭一さん。

2013年に出版されたこの『伝え方が9割』は、3年連続ビジネス書年間ベスト10入りします(トーハン調べ)。

 

この本は、ライターだけでなく、文字でコミュニケーションする人なら役に立ちます。

LINEや、TwitterなどのSNSを利用している、文字でコミュニケーションしている人には、ぜひとも読んでもらいたい!本です。


タイトルとURLをコピーしました