ヘッダーデザイン10社まとめ|認証バッジつきTwitter企業アカウント

Twitter_badge未分類

ヘッダーデザインってどうしたらいいんだろう?

Twitterのヘッダーをデザインする前に、どんなデザインがあるのか気になって調べてみました。

ただし、プロデザイナーが作ったであろうものを確認したかったので、企業のTwitterアカウント(しかも認証されている大きなとこ)に絞りました。

全部で10社を調べ、ヘッダー部分は広告スペースだと気がつきました。そして、どうゆう戦略の広告画像を設置しているか別に、4つにグループを分けてみました。

これからヘッダー画像のデザインを考える人のヒントになるかと思いますので、ぜひ読んでみてください。

自社商品の写真タイプ3社

Twitterのヘッダー部分に、自社商品の写真をバーンと設定しているタイプ。自社製品の紹介が目的と思われます。

ここでは、

  • SHARP シャープ株式会社
  • タカラトミー
  • キングジム

の3社さんをご紹介します。

SHARP シャープ株式会社

SHARP

SHARP シャープ株式会社( @SHARP_JP )さん。

背景が白色に、商品も白色で小さく配置。ド・シンプルタイプで、商品に目は行くものの「何コレ?」って思ってしまったのですが、それも戦略でしょうか。

タカラトミー

Takaratomy

タカラトミー( @takaratomytoys )さん。

自社製品の宣伝ですよといわんばかりに、自社商品をきれいに、かっこよく並べておられますね。戦略も商品もわかりやすいっ

キングジム

Kingjim

キングジム( @kingjim )さん。

自社商品を紹介するだけでなく、使用したイメージまでわかるように並べた写真が使われています。また、ビジネス事務用品がウリなんだな、ということもわかります。

今売り出し中の商品写真タイプ3社

現在売り出し中、キャンペーン中の商品画像をヘッダーに設置。売り出しの期間終了、新商品売り出しのたびに入れ替えているということでしょうね。

手間はかかるものの、いつも新鮮なイメージになりそうです。

ここでは、

  • マクドナルド
  • スターバックス コーヒー
  • キリンビバレッジ

の3社さんをご紹介。

マクドナルド

McDonaldsJapan

マクドナルド( @McDonaldsJapan )さん。

2021年11月現在に売り出し中の「ダブチ」の商品写真が設定されています。アイコンの位置を避けてデザインもされており、かなり戦略的に見えます。

スターバックス コーヒー

Starbucks Japan

スターバックス コーヒー( @Starbucks_J )さん。

2021年11月現在に売り出し中の「チョコレート ストロベリー」の商品写真が設定されています。とても強く「バナー広告」な印象を受ける画像です。

キリンビバレッジ

Kirin_Company

キリンビバレッジ( @Kirin_Company )さん。

2021年11月30日まで感想投稿キャンペーンをされています。キャンペーンの告知分までは使われていませんが、画像は全く同じものが使用されています。

イメージ写真タイプ2社

自社商品ではなく、企業をイメージさせる写真であったり、イメージの向上を目指しているのかな?と思われたりするヘッダー画像です。

ここでは、

  • セブン-イレブン・ジャパン
  • Twitter Japan

の2社さんをご紹介。

セブン-イレブン・ジャパン

711

セブン-イレブン・ジャパン( @711SEJ )さん。

店舗にある看板を、わたしたちが見上げているような角度の写真です。さらに雲をイメージさせるフォントでキャッチコピーが入り、爽やかな雰囲気。「あ、セブンイレブン行こう」と思う・・・かもしれないヘッダー画像です。

Twitter Japan

Twitter Japan

Twitter Japan( @TwitterJP )さん。

Twitterのツイートのイメージを画像にしているようです。かっこいい、おしゃれなヘッダーというのがポイントかと思われます。

ユニークタイプ2社

今までご紹介した枠に入れにくかったヘッダー画像を使用されている、企業アカウントのご紹介です。

  • 井村屋公式
  • 株式会社タニタ

の2社さんをご紹介。

井村屋公式

Imuraya

井村屋公式( @IMURAYA_DM )さん。

井村屋の人気商品あずきバーのキャラクター画像が設定されています。公式サイトには4コマ漫画がありますよ。キャラクターのユーモラスさが前面に出ている画像です。

株式会社タニタ

TANITA

株式会社タニタ( @TANITAofficial )さん。

どうしてカルガモ?どうゆう意図???どうしてこの画像にしたのかは、わかりませんでした・・・。爽やかですけどね。

まとめ:ヘッダー部分は広告スペース

全部で10社の、Twitter企業アカウントのヘッダーをご紹介してきました。

結局Twitterのヘッダー部分は広告スペースであるようです。そのため、

  • 自社商品の紹介
  • キャンペーンの紹介
  • 企業イメージの向上

などを目的とする画像を設置するのが主流かもしれません。

これらのヘッダー画像を、ぜひデザインを考える人のヒントにしてくださいね。