アイキャッチの配色をちょっと楽に簡単にする6つの方法|Canva利用【ライター・ブロガー向け】

ブログ

アイキャッチをみんなで作成する活動をしていると、

・配色にいつも悩む・・・
・配色がなんだかイマイチ・・・

という悩みを見たり聞いたりすることが増えました。

そこでこの記事では、デザインが本業でないライターやブロガーの方でも、配色をちょっと楽に簡単にする方法やコツを、ご紹介したいと思います。

結論からいうと、配色を簡単にするにはすでにバランスよく整った配色をマネる!です。

具体的には、

  • 配色前に知っておいて欲しいこと3つ

と、

  • 0から配色するための方法を4つ
  • 決まった1色に合わせる色を決める方法を2つ

を、お伝えします。

この6つの配色方法のどれかを使えば、今までより楽に配色ができるようになるかと思いますので、ぜひご一読ください!


ちなみに、この記事ではWeb上で使えるデザインツール「Canva(キャンバ)」でアイキャッチを作成することを想定しています。

Canvaは無料で使え、デザイン経験者でなくても感覚的に操作でき簡単にアイキャッチが完成するのでおすすめです。よかったら会員登録して実際に使ってみてください。

また登録方法はこちらの記事を参考にしてください。

配色する前に知っておいて欲しいこと3つ

配色し始める前に、知っておいて欲しいことが3つあります。

それでは、それぞれについて詳しくご説明していきますね。

1.配色イメージを決めよう

まずは配色のイメージを決めましょう。これ、とても大事です!イメージを決めずにとりあえず配色していくのは、たとえデザイナーであっても難しいものです。というか、できません!

具体的には、

  • ポップ
  • ナチュラル
  • エレガント
  • シック
  • クール
  • レトロ
  • 北欧

など、このような「単語」でイメージしてください。

イメージの決め方は、その記事のターゲットの「年代」や「職業」から連想しましょう。

例えば、赤ちゃんなら「ナチュラル」。シニアなら「シック」。富裕層であれば「エレガント」。ビジネスであれば「クール」などが浮かびませんか。

まずは、あなたの記事が対象とするターゲットから、配色イメージを決めてみてください。

2.「カラーコード」とは色の番号

「カラーコードって何?」という方にご説明します。「カラーコード」が何かわかる方は、読み飛ばしてください。

カラーコードとは、Web上での色の番号です。その番号を入れるとその色が表示されます。

先頭が「#(シャープ)」で、そのあとに6個の数字とアルファベットの組み合わせで表されます。配色する際によくカラーコードを使用するので、知っておくと便利です。

例えば白は「#ffffff」、黒は「#000000」で、このサイトのイメージカラーであるの黄緑は「#b5d569」です。

カラーコードに使用するアルファベットは、大文字でも小文字でも、混ざっていても大丈夫。

組み合わせが変わると、別の色になってしまうので、気をつけてくださいね。

3.3色ではなくまずは2色を見つける

配色は2色だと足りなくなり、4色以上だとさらに難しくなってくるので、3色で配色するといいですよ。

しかし、3色を選ぶときに

バランスがむずかしい・・・

と、つまずいたことありませんか?

そのような方は、ひとまず2色をセレクトしてみてください。その色に2色のどちらかの濃淡の色を足す。もしくは、白黒グレーを足してみてください。この3色だと、バランスがとりやすいと思います。

それでは、次から具体的に配色の方法を説明していきますね。

0から配色する場合の4つの方法

配色イメージは決まったものの、使いたい色が1色も決まっていないなら、

の4つの方法をおすすめします。

特に「1.配色本を見る」は、配色イメージを決めるときにも役立ちます。いつも長時間悩んでしまうようであれば、1冊でいいので持っておくと便利だと思います。

それでは、1つずつ詳しくご説明していきますね。

1.配色イメージを固めるにも見つけるにも本がおすすめ

配色本が1冊あれば、とても便利です。本なら、イメージごとに色が紹介されているので、そこからセレクトできます

また掲載されている配色から、イメージを固めることもできます。パラパラとページをめくり「いいな」と思う配色を選んでみましょう。選んだ配色から、あなたがアイキャッチに持つイメージがはっきりしてくることもあります。

わたしがおすすめする配色本は、2冊あります。

1つずつ、さらに詳しくご紹介していきますね。

配色アイデア手帖

『配色アイデア手帖』
桜井輝子(著)/¥1,780(税抜)

こちら、配色テーマごとに9色が紹介され、カテゴリーごとに分類されています。全部で127の配色テーマと13ものカテゴリーがあり、バリエーションが豊富です。

1つのテーマに9色もあると迷いそうですが、その中の2・3色を組み合わせた配色例や、いくつかの色を使ったデザインとパターン、イラストも掲載されているので、選びやすくなっています

またライターさんやブロガーさんには、各配色テーマにある「イメージ」「配色の仕方」「ポイント」が、文字で書かれていることも手助けになりそうです。

配色後のイメージがわきやすく、色のセレクトが楽になるのではないでしょうか。

3色だけでセンスのいい色

『3色だけでセンスのいい色』
ingectar-e(著)/¥1,800(税抜)

こちらは、あらかじめバランスの取れた3色を紹介

「ナチュラル」「ポップ」「エレガント」など、イメージのカテゴリーごとに3色のグループがわけられています。

また、3色のうちど色を「ベース」「アクセント」「サブ」にもってくると、どのようなイメージになるのかも、デザイン例とともに提示してくれているので、視覚的にもわかりやすいです。

さらに、購入者特典の配色一覧のPDFを無料でダウンロードもできます。会員登録(無料)する必要がありますが、全部の配色が一気に眺められるので、セレクトする際には便利ですよ。

この本の提案はシンプルに「3色」ですので、迷いが少なくなるのではないでしょうか。

2.「カラーパレット」を検索する

GoogleやPinterest(ピンタレスト)「カラーパレット」と画像検索してみてください。写真と、その写真からセレクトした色がある「カラーパレット」とよばれる画像が表示されるかと思います。こちらを配色に利用しましょう。

下は、Pinterestで検索した結果です。

Canvaのブログにも記事があり、ここにもカラーパレットがあります。こちらも参考にしてください。

この「カラーパレット」は、一緒に元になった写真があるため、視覚的に理解しやすいかと思います。また、配色後のイメージのズレが起こりにくくなるのがいいところです。

Pinterestだと、「カラーパレット」に「レトロ」や「ナチュラル」など、欲しい配色イメージを足すと表示を絞ってくれて便利です。

3.Canvaの「スタイル」を利用する

Canvaの中には、バランスの取れた3色を提案して、それをいいように配色してくれる「スタイル」という機能があります。これを利用すると便利です。

できれば、ある程度デザインが出来上がってから試してみてくださいね。

「スタイル」を利用して配色する
  • 手順1
    「もっとみる」を選択

    左端にあるサイドバーから「もっとみる」を選択する。

  • 手順2
    「スタイル」を選択

    「Canvaのその他のアプリ」にある「スタイル」を選択する

    (すでにサイドバーにアイコンがある方もいらっしゃるようです)

  • 手順3
    気に入った配色をクリック

    さまざまな3色の組み合わせが提案されています。この中から気に入った配色をクリックすると、画像がその配色になります。
    同じ配色もクリックするたび3色のバランスが変わりますので、気に入るまで試してみてください。

残念ながらこの方法には検索機能がありません。「ポップ」や「ナチュラル」などのワードで検索したり、「赤系の配色」などを並べたりができません。(2020年9月末現在)
そのため、先にご紹介した本やカラーパレットで、ある程度は配色のイメージをつかんでおくことをおすすめします。

4.Canvaのテンプレートで見つける

Canvaのテンプレートを配色見本として利用しましょう。

Canvaのテンプレートは、「ポップ」や「ナチュラル」などで検索しやすく、出てくる画像はバランスの取れた色で配色されています。もちろんそのままテンプレートとして使ってもいいのですが、配色だけ利用する方法をご紹介します。

テンプレートの配色を利用する手順
  • 手順1
    イメージで検索

    Canvaの検索スペースに、先に決めたイメージの単語を入れて検索してください。

  • 手順2
    気に入った配色をクリックする

    そうすると、そのイメージのテンプレートが表示されます。この中から、いいなと思う配色のテンプレートをクリックします。

  • 手順3
    テンプレートをスクリーンショットする

    表示されたテンプレートをスクリーンショットしてください。
    もしくは、テンプレートの画像サイズが、作成したいアイキャッチと同じサイズであれば手順5にすすんでください。

  • 手順4
    ページに貼り付けるとパレットが出る

    アイキャッチの作成ページに戻り、スクリーンショットをした画像を貼り付けます。そうすると「写真の色」として、使用されている色がパレット化して表示されますので、この色を使って配色しましょう。

  • 手順5
    使われている色が「使用中のカラー」として出る

    テンプレートに使われている色は「使用中のカラー」として表示されるので、この色を利用して配色していきましょう。

どちらの場合も、配色見本にした画像やテンプレートを消すと、色も消えてしまいます。デザインは新しいページで作成してくださいね。

次からは、使いたい色が1色は決まっている場合の配色方法を説明していきますね。

1色は使いたい色が決まっている

サイトのイメージカラーや、ロゴカラーなどを使用するので、1色は使いたい色が決まっているけど、それに合う色に迷っているなら、

の2つの方法をおすすめします。この方法なら、その1色に合う色がすぐに見つかりますよ。

それでは、1つずつ詳しくご説明していきますね。

1.Canvaのパレットを利用する

1色は決まっているなら、Canvaの「パレット」を利用すると簡単です。その色のカラーコードを入力すると、いくつかの配色を提案してくれます。

以下の手順で試してみてください。

Canvaのパレットを利用する方法
  • 手順1
    「カラー(背景色)」をクリック

    色をつけたい素材や背景を選択し、「カラー(背景色)」のアイコンをクリック。

  • 手順2
    カラーコードを入力

    検索スペースに、カラーコードを入力します。

  • 手順3
    あなたの色が表示される

    あなたが入力した色が表示されます。

  • 手順4
    あなたの色に合った配色が提案される

    その色に合った配色が提案されますので、この中から選んでみてください。

  • 5
    気に入ったパレットをスクリーンショットする

    別の作業をすると、このパレットは消えてしまいます。気に入った配色は、スクリーンショットで残します。

  • 6
    スクリーンショットを貼り付ける

    スクリーンショットで残した配色を、ページに貼り付けてください。
    その画像から色を取り出し、新たに「写真の色」としてパレット化したものが表示されます。これを利用すると簡単に配色できます。

    貼りつけた配色(画像)が消えると、「写真の色」のパレットも消えるので、注意してくださいね。ページを追加して、デザインとは別のページに貼ると邪魔になりませんよ。

2.配色サイトで見つける

「赤」や「青」などおおまかな1色は決まっていて、それに合う色に迷っているのなら「Color Picker(カラーピッカー)」を利用すると簡単です。あらかじめ決めている色をクリックすると、その色に合う配色を提案してくれます。無料で利用できます!

\「Collar Picker」はこちらから/

カラーコードは入力できませんが、近い色で探してみてください。

色相環の横にある矢印のどちらかをクリックすると、色数やバランスなどが変化します。

画像は、補色関係にある2色の配色です。補色は自分で組み合わせるとなると少し難易度が上がりますが、ここではバランスが取れた配色が右に表示されます。

その中から気に入った配色を選ぶと、下にその配色でイラストやパターンが表示されますので、イメージの確認もしやすいです。各色のカラーコードも表示されます。

また「Fresh(新鮮)」や「Manga(マンガ)」、「Nature(自然)」など、いくつかのイメージパターンもあります。こちらからも探してみてください。

まとめ:配色はマネると簡単

この記事では、配色前に大事なこと3つと、配色方法を6つご紹介してきました。

結局のところ、すでにある整った配色をマネると簡単です。

記事やデザインなどとは違い、この記事でご紹介した配色は著作権など発生しないので、安心して利用してください。

一番大事なのは、記事内容に合った配色イメージを初めに決めることです。これがずれてしまうと、違和感のあるアイキャッチになりかねないので、注意してくださいね。

記事の中で登場したCanvaは、登録も利用も無料で、簡単にステキなアイキャッチが作成できるツールです。よかったら利用してみてください。

\登録方法はこちらを参照/

タイトルとURLをコピーしました