イラストレーターのポートフォリオって?参考に先輩サイトを見てみよう!

eyecatch

イラストレーターとして仕事するには、ポートフォリオが必要です。

でも、ポートフォリオってどうやって作ったらいいの?

て、悩んでいませんか?

わたしも、その壁にぶつかりました!

そこで、まずは大好きなイラストレーターさんたちのポートフォリオサイトを拝見してみました。

どんな風に、どこで作っているかを、先輩から学ぶのが近道かなと。

そうして、そこで知った驚きは「1人1つでなく、何個も作ってもいい」のです!!!

先輩イラストレーターのポートフォリオはどんなの?

どんなポートフォリオを作ったらいいんだろう?

まずは、自分の好きな先輩イラストレーターさんたちが、どんなポートフォリオを作っているのか調べてみました。

ご紹介するのは、

  1. サタケシュンスケさん
  2. ア・メリカさん
  3. ANさん
  4. よねこめさん
  5. しらこさん

の5名です。

それぞれが、また違ったタイプでポートフォリオを作成していらっしゃいました。

それぞれに出てくるポートフォリオサイトやSNSについては、後で詳しく説明します。

1.サタケシュンスケさん

サタケシュンスケさんは、レトロちっくでかわいい動物を描くイラストレーターさんです。

ポートフォリオサイト「foriio」を利用されていました。

サタケシュンスケ - foriio

ちなみに、別に個人サイトもお持ちです。こちらにも、実績などを掲載されています。

naturalpermanent.com

「About」にはプロフィール。プロフィールシートとポートフォリオのPDFデータが、すぐにダウンロードできるようになっています。

「News」「Personal works」「Client Works」がそれぞれでポートフォリオになっています。

SNSも利用されています。

それぞれも、ポートフォリオともいえそうです。

たくさん展開することで、見られる頻度を上げる」という戦略でしょうか。これはとても参考になりました。

2.ア・メリカさん「ア・メリカん家」

ア・メリカさんは、線の無い絵本風のイラストを描く、フリーのイラストレーターさんです。

個人サイトはこちらです。

Amelicart Illustration | ア・メリカ公式サイト

トップページには、たくさんのイラストが掲載されていて、すぐさまア・メリカさんの世界に浸れます。

最初にプロフィールとメールアドレスが現れるので、コンタクトも取りやすそうです。

グローバルナビゲーションには、4種類のページへのリンクがありました。

「ABOUT」にはプロフィール。「CONTACT」はコンタクトフォーム。

「WORK」では、お仕事の実績イラストが、「PERSONAL」はお仕事ではないイラストが、それぞれ掲載されています。

SNSも利用されています。

どれもポートフォリオとして使える構成にされていました。

個人サイトは仕事の依頼用、SNSはファン獲得に効果がありそうな気がしました。

3.ANさん


ANさんは、シンプルでかわいく、おしゃれなイラストを描くイラストレーターさんです。

こちらが個人サイトでポートフォリオサイトです。

Portfolio

トップページに、すべての画像が掲載されています。

グローバルナビゲーションで、「広告」「ロゴ」「雑誌」「ウェブ」の種類別だけでなく、「年代別」や「タッチで探す」というように、分けて画像が見られるようになっていました。

プロフィールやコンタクトは上部「MENU」の中にありました。

ANさんの

も、ポートフォリオとしても拝見できます。

ANさんのサイトは種類別に分かれているため見やすく、発注しやすそうなのでマネしたいですね。

4.よねこめさん「iroharetro」

よねこめさんは、ほんわかと温かみのあるイラストを描く、イラストレーターさんです。

こちらが個人サイトです。

iroharetro.

トップページでは、最初に大きくイラストがあり、お知らせ、お仕事へと続きます。

グローバルナビゲーションには、7種類のページへのリンクがありました。

「HOME」はトップページへ。「ABOUT」はプロフィール。

「GALLERY」のページで一気に作品を閲覧できます。

「WORKS」では、お仕事の実績が文章とともにブログ形式で並んでいます。

「CONTACT」にはメールアドレスがあり、SNSやポートフォリオサイトへのリンクもあります。

「ダウンロード」では、オリジナルのスマホ用壁紙が配布されています。かわいいイラストなので、すべて欲しくなりますね。

「Twitter」はクリックするとすぐにTwitterへと飛びます。

よねこめさんのSNSは、

これらもまさにポートフォリオ。

pixivに載せると、ファン獲得と交流がしやすそうでした。

5.しらこさん

しらこさんは、温かくなつかしい風景を、荒い絵の具で描いたようにイラストを描くイラストレーターさんです。

個人のサイトはこちらです。

shirako illustration

トップページが「PERSONAL WORK」で、イラストがきれいに並んでいます。お仕事で描いたイラストは「WORK」に。

ほかに、「MONOCHROME」はモノクロイラスト。そして、「Profile」プロフィールと「Exhibition」展覧会の情報。

「Shop」はネットショップサービス「BOOTH」にリンク。

「Brush」ではProcreateでしらこさんが使っているブラシが、ダウンロードできるサービスあり!これはうれしいですね。

ほかに、

へのリンクがありました。

ポートフォリオとは関係ありませんが、サイトを拝見していてしらこさんのグッズが欲しくなりました。イラストレーターは、商品が作りやすいかもしれません。いつか展開してみたいと思いました。

イラストレーターがポートフォリオに使うサイトやSNSについて

それでは、先輩イラストレータさんがポートフォリオとして使っていたサイトやSNSについて、書き出してみます。

  1. foriio
  2. CREATORS BANK
  3. Tumblr
  4. Behance
  5. dribbble
  6. Pinterest
  7. pixiv
  8. illustrationFILE Web

の8つでした。(TwitterやInstagramはのぞいています)

こちらも1つずつ、もう少し詳しく研究してみます。

1.foriio

foriio - すべてのクリエイターにポートフォリオを

「foriio(フォリオ)」とは、クリエーター向けのポートフォリオサイトです。

このサイトでは「パッケージ」「キャラクター」など種類ごとに見せたり、全体を一気に見せたりできます。

見る側が使いやすく、見やすそうなところに魅力を感じました。

登録・利用 無料
ファイル形式 JPEG・PNG・PSD・PDF・AI・TIFF・WEBP

2.CREATORS BANK

CREATORS BANK|イラスト・グラフィックのWebポートフォリオ

「CREATORS BANK(クリエイターズバンク)」はクリエイター向けのポートフォリオサイトです。

コミュニティサイトでもあるので、フォロー機能もあります。

フリー画像を配布できるサービスがあり、それが面白そうで気になりました。

登録・利用 無料
ファイル形式 JPEG・PNG・GIF・BMP

3.Tumblr

Today on Tumblr

「Tumblr(タンブラー)」は、無料で使えるSNSでありブログサイトの1つ。使い方によってはポートフォリオのようにできるようです。

登録・利用 無料(一部有料あり)
ファイル形式 JPEG・PNG・GIF・BMP

4.Behance

Behance

「Behance(ビハンス)」は、Adobe(アドビ)が運営するSNSです。

IllustratorやPhotoshopなど使用していれば、すでにAdobe IDを所有しているかと思います。それを利用して画像をアップできます。

また、Adobeのアプリケーションと連携しているので、IllustratorやPhotoshopからの画像投稿は簡単そうです。

さらに海外からのオファーも期待できるようです。

ほかにも、Behanceは「特定の人だけにシェア」することも可能です。

登録・利用 無料

5.dribbble

Dribbble - Discover the World’s Top Designers & Creative Professionals

「dribbble(ドリブル)」は、アメリカ生まれのSNSです。投稿は有料ですが、見るだけなら無料です。

登録・利用 Basic:無料 Pro・Team:有料

6.Pinterrest

Pinterest

「Pinterest(ピンタレスト)」は、WEB上から画像を集められ、共有できるサイトです。自分の画像を集めておくとポートフォリオになります。

WEB上の画像を集めるので、まず自分の画像をどこかWEB上にあげなければいけません

Pinterestは、画像が掲載されているサイトとリンクもしているので、サイトの宣伝にもなりおもしろいですね。

登録・利用 無料

7.pixiv

イラストコミュニケーションサービス [pixiv]

「pixiv(ピクシブ)」は、イラストやマンガ、小説を投稿したり、見て楽しめるコミュニケーションサイトです。

自分のページに、作成した画像をあげるとそれがポートフォリオになります。

ファンとコミュニケーションがしやすそうなところに魅力を感じました。

登録・利用 無料
ファイル形式 JPEG・PNG・GIF

8.illustrationFILE Web

イラストレーター検索サイト | イラストレーションファイルWeb | illustration FILE Web

「illustrationFILE Web(イラストレーションファイルウェブ)」はイラストレーター検索サイトです。玄光社が発行する雑誌「イラストレーション」が運営しています。

これまでに玄光社MOOKに掲載され、かつ参加を希望されたイラストレーターの作品が掲載されています。

ここに掲載されると、すでに実績があるのを証明できるので、いつか載りたいと思います!

登録・利用 掲載経験がある方のみ

まとめ:イラストレーターのポートフォリオは1人1つではない

先輩イラストレータさんたちのポートフォリオを拝見して気づいたのは「ポートフォリオは1人1つでなくてもよい」ということ。

また、サイトやSNSの特徴によっては、目的が

  • 仕事の獲得
  • ファンを増やす

のどちらかに比重があるようです。

そして、たくさんのポートフォリオを持つと、さまざまな人の目にふれやすくなりますね。

まずは1つのポートフォリオサイトに登録し、どれか1つのSNS(わたしはInstagramかな)を整えるということから始めたいと思います。

あなたも、まずはお気に入りのイラストレーターさんのポートフォリオを拝見してみてはいかがでしょうか?

早速、わたしは「foriio」で作成してみました。よかったらのぞいてみてください。

エダユカのポートフォリオ