インタビューを受けるってどう?ライ組でインタビューを受けました!

ブログ

インタビューされるのって、どんな感じ?
インタビューを受けるときに、気をつけた方がいいことある?

実際に、インタビューを受けるチャンスに恵まれました。しかし、最初に浮かんだのは先ほどの言葉。

なんでも「初めて」は緊張するものです。

インタビューを受ける前には、質問シートに答えたりコツを探してみました

しかし、実際受けてみると、想像していたより緊張しました!
うまく受け答えすることなんて、出来ませんでした…

そして今、反省することがいっぱい!

それでは、そんな初インタビューを、振り返ってみたいと思います!

インタビューを受ける前にしたこと2つ

取材を受けることは、初めてです。
また、取材の現場に立ち会わせたこともありません。
人前で話すことにも慣れていませんし、アドリブも苦手です。

ということで、とても不安でした。

また、インタビュー方法は、Discordの音声機能を利用して行うということでした。
つまり「聴者がいる」ということも、緊張する要因でした。

そこで、あらかじめ取材を受ける前にしたことは、

  1. 質問シートに答えました
  2. インタビューを受けるコツを探してみた

の2つです。
それでは、具体的にお話ししていきます。

質問シートに答えました

取材を受ける前に、あらかじめ質問シートを、Googleドキュメントでいただきました。

質問してくれたのは、ライ組のあすけ(@2aaytucnb)さん、ゆみくろ(@nikoniko_writer)さん、そしてライ組のみなさんです。

シートの受け渡しは、DiscordのDMにて、ゆみくろさんが送ってくださいました。

質問の内容は

  • デザイン関係(美大のきっかけ、デザイン全般とアイキャッチデザイン)
  • ライターになる前の仕事
  • ライターについて(きっかけ・執筆ジャンルなど)
  • ライ組について(きっかけ、ゴウ先生について、部長の活動について)
  • ブログについて
  • これまでとこれからについて

でした。

前もって、頭の中を整理できるので、とても助かりました。また、自分の人生を振り返るのは、とてもおもしろい作業でした。

インタビューを受けるコツを探してみた

インタビューを受ける側の、心構えや、受け答えのコツなどないかなと、検索しました。

そして、インタビューを受ける側として、下記のサイトを拝読させていただきました。

取材やインタビューを受け、対応する7つのポイント・コツ : 秋元祥治(G-net・OKa-Biz)ブログ
取材をお受けする機会も多いので(最近はそんなにたくさん、でもないのですが)備忘録的に、取材をお受けする時に大事にしたほうが良いことを自分の経験を振り返りつつまとめてみました。この前の、新聞社さんの取材を受けたときのことを思い出しつつ。※秋元が先日毎日
PRノウハウ25.インタビューの上手な答え方 of 名古屋のPR会社 株式会社インフォデザイン プレスリリース・PR戦略コンサルティング
テレビにとりあげられるためのノウハウを解説します。テレビは視聴者数が多く、また映像を伝えるため、影響力が大きいメディアです。その分、取材されるためのハードルも高いですが、「いい画」が撮れることを伝えるなど、工夫次第でテレビに取材してとりあげてもらうことも可能です。

先のサイトを読んで

  • 結論を先に言う
  • 端的にしゃべる

に気をつけて受けようと、決心しました。

インタビューを受けている最中は超緊張!

インタビューは、Discordの音声機能を利用してのやり取りでした。
グループで通話しているような感じです。
また、それを聞くだけの人もいる、という状況です。

やり取りが始まると、「とりあえずわかりやすく答えよう」と心がけました。

とても緊張していたので、先の質問シートを開いていたにもかかわらず、目が滑るような感じで、読むことができない!

結局「何を書いたかな?」と、記憶をたどりながら、答えていました。

なので、質問者の意図した答えが、返せてなかったかもしれません。

落ち着いてきたのは、開始から20分ほど経ってからでした。
聴者が質問などを書き込める、Discordのチャット部屋を、間違えて見ていたことにも気づきました。
質問シートも見れるようになってきました。

結局、先に決心していた「結論から話す」は、難しくてできませんでした…
そもそも、言葉が出てこないことが多かったです。
的確な回答を、頭の中で探しながら、話すことで精一杯でした。

あと、間が怖い。「早く声を出さなきゃ」とも思っていました。

ときどき共感してもらえたり「こうゆうのも知ってます」っと言ってもらえるのは、とても話しやすかったです。

インタビューを受けた後の反省点3つ

約1時間半のインタビューでした。

インタビュー終了後、30分は興奮が抜けませんでした。

そしてすぐさま「もっとうまく話せなかったかな」と反省…
聴者の書き込みに、リアルタイムで反応できなかったのもとても残念です。

そうして、反省点は3つあります。

  1. 雑談時間を取ればよかった
  2. 主題を確認しておくべきだった
  3. 質問には箇条書きでメモをする

です。

異常なほど緊張していたので、インタビュー前に、5分ほどでも、インタビュアーさんとの雑談があれば、もう少し緊張がほぐれたかもしれません。提案すべきでした。

それと、インタビュアーに主題を質問しておくべきでした。

質問されたことに、漠然と答えているだけで、終始「おもしろいのかな?」「有益なのかな?」という疑問が頭をよぎっていました。

主題をうかがっておけば、それにそって話せます。主題にそえて話せていると、自信がわいたかもしれません。
たまの脱線も、それはそれで楽しめそうです。

終了後に質問シートを見返すと、しゃべり忘れていることも多くありました。

あまりにも緊張し、読むことができなくなったので、記入の仕方に工夫が必要でした。
インタビュー中も読みやすい、箇条書きにするなどがよかったでしょう。

部長なのでインタビューを受けることになった

なぜ、単なる主婦で、スーパースターでもないわたしが、インタビューを受けることになったのか。

実は、WEBライターの「佐々木ゴウ@goh_ssk率いるオンラインサロン「ライ組」に所属しております。

そこで、アイキャッチに特化して語り合う「アイキャッチ作成部」の部長を務めております

同じく、Discordの音声通話機能を利用して活動している「ラジオ部」で、部長にインタビューをする企画が立ち上がりました。
ということで、部長のわたしにお声がかかりました。

わたし以外にも、各部活の部長が順番にインタビューを受けていく予定です。

まとめ:事前準備は大切

結論としては、他人の人生は面白いようで、そこをみなさんには楽しんでいただけたようです。

しかし、もう少し事前準備をしっかりとしておけば、有益に話せたように感じました。

  • 始まる前に雑談をしておく
  • インタビューの主題を確認しておく
  • 質問シートは箇条書き

を、気をつけたいですね。

インタビュー中に、メールの着信音が鳴ってしまったので、スマホはマナーモードにしておくことも大切です。

そして、この時の様子を、ゆみくろさんがブログに書いてくださいました!

良かったら読んでみてください!
(アイキャッチも作らせていただきました)

「自分に必要なことは、向こうからやってくる」。美大卒ライター・エダユカさんのチャレンジの軌跡 | なないろLifeブログ
こんにちは!取材ライターの髙橋ユミエ(@nikoniko_writer)です。 わたしが所属しているライター集団「ライター組合」には、さまざまな部活動があります。アイキャッチを制作してレベルアップすることを目的とした「アイキャッチ部」では、日々レベルの高い作品が生み出されています。 中でも、部長を務めるエダユカさん (...
タイトルとURLをコピーしました